美容外科・美容皮膚科 プルージュ美容クリニック

お気軽にお問い合わせください診療時間10:00-19:00
品川院
0120-305-845
休診日水・日曜日
赤羽院
0120-535-032
休診日月・木曜日
カウンセリング予約 WEBカウンセリング
Change language to English 將語言更改為中文

施術案内 施術案内

上まぶたのたるみ取りで
リフトアップ
まゆ下切開法
まゆしたせっかいほう

まゆ下切開法 まゆ下切開法
老けた印象になりやすい
まぶたのたるみを解消!
二重のラインもスッキリ元通り
出現。

ハリのある目元にする、
まゆ下切開法とは?

上まぶたのたるみや小ジワ、
腫れぼったさを
同時に解消し瞳のラインを
美しくする。

重たくなっているまぶたを持ち上げる 二重のラインが戻るまたは現れてスッキリ 重たくなっているまぶたを持ち上げる 二重のラインが戻るまたは現れてスッキリ

まゆ下切開法とは、眉毛下リフトやアイリフト、眉毛下皮膚切除術(びもうかひふせっかいじゅつ)、などとも言われています。

加齢により上まぶたの皮膚がたるむことで、まぶたの皮膚が重く垂れ下がった状態の改善、眼の上の小ジワをスッキリ取り除けるのが特徴です。目の開きも改善されますので、視野も広く明るくなり若々しい印象になります。お若い方にも上まぶたの腫れぼったさが気になる方や、目と眉毛の距離を近づけたい方には適した治療法です。

あなたはどっち?
まゆ下切開法と眼瞼下垂治療

肌のハリがある目元の状態 肌のハリがある目元の状態

ハリが消失して重力でまぶたが下がる ハリが消失して重力でまぶたが下がる

上まぶたのたるみの主な原因は加齢です。若々しさを保つためのコラーゲンなど、肌の構成要素が減少して菲薄化し、弾力性も失われるため、シワの出現や重力によってたるみが生じます。また、眼球周辺の筋力の衰えも原因の一つです。

見た目には「眼瞼下垂」とよく似ていますが、眼瞼下垂は、まぶたの動作を行う組織が弱くなることが原因です。ただし、両方の症状がある場合は、どちらの治療が最適か、また両治療が必要かにつきましては診察のうえ、ご提案いたします。

まゆ下切開法の特徴

特徴.1微細にデザインするから自然
微細にデザインするから自然

上まぶたのたるみの度合いによって、皮膚の切除量や切開の範囲を決定します。また同時に眼輪筋の調整や余分な脂肪も切除することで、まぶたを根本的に変化させることができます。元々の二重の幅は変化しないため、自然な仕上がりになります。

特徴.2切開線が凹凸にならないための工夫
切開線が凹凸にならないための工夫

術後は傷跡が目立ちやすい状態ですが、縫合方法に工夫を施すことで、より早く目立たなくなるようにします。縫合は溶ける糸で中を縫ってから、表面の縫合時には傷口が開かない範囲内で可能な限り糸のテンションを軽くして縫います。そうすることで切開線は凹凸せず、なめらかさを保ちます。

まゆ下切開法
こんな方におすすめ
  • まぶたが脂肪で重い
  • まぶたがたるんでいる
  • まぶたに小ジワがある
  • 視野がせまく感じる
  • 二重の幅を元通りにしたい
  • 顔の印象を若々しくしたい
  • 目と眉毛の距離を近づけたい

施術の流れ

1. 医師によるカウンセリング
1. 医師によるカウンセリング お悩みになっている部分やご希望のイメージをすべて伺います。状態を診察し、術式の適応であるかどうかを診断します。方法など、もっとも適した施術をご提案いたします。当院にて手術をご希望される場合は、後日の日取りを決めます。
2. 仕上がりをデザイン
2. 仕上がりをデザイン お顔全体のバランスとまぶたの状態を確認しながら、綿密にデザイン(マーキング)を行います。
3. 局所麻酔・手術
3. 局所麻酔・手術 極細の針で挿入部に局所麻酔をします。麻酔が効いているため、手術中の痛みを感じることはありません。
4. 休憩
4. 休憩 術後は少しお休みいただきます。お帰りの際に目立たないように、サングラスやメガネ、帽子などがあるとより良いと思います。普段コンタクトをされている方は、必ずメガネをお持ち下さい。
5. 終了
5. 終了 すぐに帰宅いただけます。

施術後のダウンタイムは? Downtime 施術後のダウンタイムは? Downtime

施術時間 60分
通院 7日後に抜糸を行います。
メイク 創部を避けて翌日から可能  *施術部位を強く刺激しないでください。
シャワー 当日から可能(首から下)
*翌日から施術部位も可能。ただし、刺激しないでください。
入浴 腫れが引いてから可能  *熱いお湯やサウナは控えてください。
腫れ・内出血など 範囲や体質により個人差はありますが、腫れは2~4日がピークで1週間ぐらいかけて徐々に落ち着きます。内出血が起きた場合は、1週間ほどで時間の経過とともに消えます。
日常生活の注意点 当面クレンジングや洗顔は、刺激を与えない
ようにやさしく行ってください。
体が温まって血流がよくなりすぎると腫れが
強く出ることがあるので、
腫れが引くまでは
運動やマッサージは控えましょう。
コンタクトレンズは抜糸後から可能。痛みや
違和感がある場合はお控えくだ
さい。

まつ毛エクステ、まつ毛パーマは術後1ヶ月
以降。

料金

まゆ下切開法 189,000円(税込)

こちらもCheck! おすすめの施術 こちらもCheck! おすすめの施術

  • クマ消しぷるぷる注射
    クマ消しぷるぷる注射

    手術をせず、目の下のクマやくすみ、ちりめんジワを改善し、PRPの肌再生効果で、ふっくらしたハリのある目元に!

  • ぷるっとアイズ
    ぷるっとアイズ

    ぷるっとアイズとは、脱脂術(経結膜的下眼瞼)とぷるぷる注射(再生治療)を組み合わせ、 「瞳の存在感を自然に最大化」する、画期的な再生治療です。

  • 目の下の切らないふくらみ取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)
    目の下の切らないふくらみ取り(経結膜的下眼瞼脱脂術)

    加齢によってできた、「目袋」と呼ばれる目の下のふくらみを取り除く施術です。目袋の下の黒クマ(影クマ)もすっきり改善! ハリのある若々しい目元がよみがえります。 バランスよくデザインすることで、美しい仕上がりに。

  • 切開法
    切開法

    切開法は上まぶたの皮膚を切開し、一部余剰な皮膚を取り除き、希望の二重線を形成する治療方法です。二重のデザインは大きくは末広型、平行型があり、それぞれの型の二重の幅を好みに合わせて変更します。

  • 埋没法
    埋没法

    埋没法は、まぶたの何カ所かを髪の毛よりも細い糸で縫い合わせて、理想の二重のラインを作ることができる施術方法です。
    皮膚を切らないため、患者さまのご負担も少なく施術時間は15分程度で終了します。万一戻したくなった場合は糸を取り除けば、元に戻すこともできます。

  • 下眼瞼切開術(ハムラ法)
    下眼瞼切開術(ハムラ法)

    下眼瞼切開術(ハムラ法)は、まつ毛下の目立たない部分から切開し、縫合は自然に吸収される糸で中縫いを行い、さらに外縫いは極細の透明な糸で縫合します。
    創傷治癒にベストな形成外科的縫合を採用しているため、時間の経過と共に傷あとが目立たなくなっていきます。

  • 目頭切開
    目頭切開

    目頭切開とは、目頭の部分にある蒙古ひだ(もうこひだ)を数ミリカットすることで、目元を大きくして美しい瞳を作りだせる施術です。蒙古襞(もうこひだ)をカットし、目頭を鼻側に広げることで、大きくぱっちりした目元にしていきます。

  • 目尻切開
    目尻切開

    目尻切開は目の幅が狭く、白目が目尻に隠れている方に効果的です。
    具体的には目尻を外側に引っ張り、白目が眼球より1.5mm以上ある方には特に効果が期待できます。白目によって眼球の白目があまり隠れていないような方には、不自然になりやすいため、まずはお気軽にカウンセリングにお越しください。

  • 眼瞼下垂治療
    眼瞼下垂治療

    眼瞼下垂(がんけんかすい)とは、まぶたを吊り上げているまぶたの筋肉(眼瞼挙筋)の作用が衰えて 発生する病気です。眼瞼下垂治療は、糸を使った切らない 埋没法、または切開による外科的手術を行い、目を大きく開けられるように矯正します。

  • 下眼瞼開大術(アーモンドアイ)
    下眼瞼開大術(アーモンドアイ)

    たれ目形成の下眼瞼開大術(アーモンドアイ)とは、下まぶたを外側に広げる手術です。
    目尻が下がることにより、大きな目・優しい印象にする効果があります。傷跡については手術後ほとんどわかりません。数ミリ単位の違いで印象が変わりますので、患者さまの理想のたれ目を実現できるよう、入念に理想の共有をさせていただきます。

施術案内Menu

再生医療PRP

FACE

BODY

SKIN

症例写真・施術動画Instagram

  • 岡本 慎一 Shinichi Okamoto
  • 長内 亨 Akira Osanai
  • プルージュ美容クリニック 品川院
  • プルージュ美容クリニック 品川院

    〒108-0075 東京都港区港南2丁目4-18 第2秋山ビル4F
    [電話番号] 0120-305-845
    [営業時間] 10:00〜19:00 [休診日] 水曜日・日曜日

  • プルージュ美容クリニック 赤羽院
  • プルージュ美容クリニック 赤羽院

    〒115-0045 東京都北区赤羽2丁目15-10 山田ビル2階
    [電話番号] 0120-535-032
    [営業時間] 10:00〜19:00 [休診日] 月曜日・木曜日

back to top